ニュース

名称選考イベント開催・「まつぶし逸品」の2品

2018.1.29(松伏町)
ニュース写真
 松伏町は現在開発中の特産品「まつぶし逸品」の「米粉マカロン」、「甘酒を使った調味料」の名称を選考するため、22日に越谷市のイオンレイクタウンmori1階「水の広場」で選考イベントを開催した。

 イベント会場では来場者による名称の投票と、特産品「まつぶし逸品」2品の試食配布も実施し、当日は大雪で予定終了時刻よりも1時間早く終了したにも関わらず、約200人が参加した。試食品は各300食用意した。

 応募は48件あった。この後は、このイベントでの結果を基にまつぶし逸品開発委員会で名称を決定し、今年4月からの発売を予定している。

 「まつぶし逸品」は、同町の魅力を発信し、認知度の向上を図るため、町の地域資源(農産物)を活用した特産品。昨年、同町と町商工会、町内にある大正大学、町内農業者らで「まつぶし逸品開発委員会」を立ち上げ、委員会で作成した試作品を「町民まつり」など、集客の多い複数のイベントに出品し、アンケートなどで広く意見を収集している。同意見を反映し特産品をプロデュースしていく。
>戻る