ニュース

総務大臣から感謝状・越谷市消防団「学生団員」設置で

2019.1.7(越谷市)
ニュース写真
 越谷市消防団(豊田範光団長)が昨年12月20日、総務大臣から感謝状を贈られた。

 同消防団は昨年4月、団員の確保と組織の充実強化を図るため、大規模災害時の避難所運営の補助など特定の活動を任務とする「学生機能別団員」を設置した。市内の大学(県立大、文教大)に在学する学生を中心に27人が「学生機能別団員」として活動している。この取り組みが高く評価され、今回の感謝状贈呈となった。

 同日、東京都千代田区の中央合同庁舎で行われた「総務大臣感謝状贈呈式」には、豊田団長と学生機能別団員4人が出席し、片山さつき・総務大臣から感謝状を受け取った。出席した学生は「社会貢献への強いあこがれと希望を胸に入団しました。感謝状の贈呈を受け大変光栄です。これからも越谷市の安全と安心につながる活動を精一杯行っていきたい」とうれしさをにじませながら、決意を新たにしていた。

 贈呈式終了後、一行は越谷市役所を訪問し、高橋努市長に報告した。